【第11回 南東北夏まつり 演奏後記】



(写真はエフエムいわぬまのtwitterより拝借)


ブレーメンの夏イベントウィーク第一弾は、昨年に引き続き南東北夏まつりに出演させていただきました!

天気予報では曇り雨の予報でしたので心配でしたが、朝起きてみれば快晴。
気温もモリモリ暑い中での演奏でした。

会場入りしてから演奏終了、そして片付けまで何かとバタバタしてしまい、会場のみなさんの様子をゆっくりと感じることができませんでしたが、いかがだったでしょうか?

野外での演奏は不慣れなブレーメンですが、楽しく演奏することができました!

スタッフのみなさん、ありがとうございました!おつかれさまでした!


今回のイベントでは初の試みということで、病院職員で吹奏楽経験者の方を交えてのステージとなりました。

せっかくのお祭りということで、みんなで楽しく演奏しましょうという趣旨でやってみましたが、参加された職員の方いかがだったでしょうか?

今回のお祭りならではの演奏、ブレーメンもとても楽しませていただきました。

また機会があればみなさんとご一緒したいですね。


改めて、ご来場頂きました皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました!お世話様でした。


【本日のセットリスト】
A列車で行こう
となりのトトロ
少年時代
負けないで

南東北夏まつりに出演します




今日は木曜日ですが練習日でした!

ついに今週から夏のイベント出演が続きます。

まず第一弾が22日(土)の南東北夏まつり。

先日から特別ゲストを…と告知していましたが、今回は病院職員の有志も参加しての演奏になります(*´∀`)♪

ブレーメン & 南東北病院職員による1日限りのステージ。

ぜひお楽しみにっ!


出演時間は11時20分頃を予定しています。

お祭りが盛り上がるよう頑張って演奏しますので、みなさまお誘い合わせの上ご来場ください。

【7月14日 練習日記】




今日のお写真。

いつもより暗いです。

写真もなんだかボヤボヤです。


なんと、練習の真っ最中に停電発生!!

予備の豆電球のみで細々練習を続けましたが…

冷房が止まったのでサウナ状態。
復旧の見込みがないとのことで、後ろ髪引かれる思いで練習を切り上げました。


実は今日はゲストさんが参加しての練習だったのでそれを記事にしようと思ったのですが、停電のインパクトが強くて全部持っていかれてしまいましたね。


ゲストの正体はまた来週のお楽しみです(*´ω`*)


そのゲストの正体が判明するのは、来週22日(土)に出演する南東北夏祭り。

きっと梅雨も明けて暑い中でのお祭りになるでしょうが、負けずに頑張りたいものです。

出演時間は11時20分頃からです。

どなたでもお越しいただけるお祭りですので、どうぞお誘い合わせの上ご来場ください!

【さざんかの会 演奏後記】




今日は亘理町中央公民館で行われた、さざんかの会での演奏。

今回は、クラリネット2人、トロンボーン1人、会場で大人気だったメンバーのお子さん1人、そして平日の訪問演奏には欠かせない、ピアニストのカエルさんを連れて、4人と1匹でお邪魔してきました。

ブレーメン初亘理!
ということで、あいかわらず長めの自己紹介からのスタート。

今回はみなさんが(も?)みなさんが一緒に歌える曲ばかり持っていきましたので、歌詞カードを作っていきました。

そのおかげか、みなさんの素敵な歌声を聴くことができました。
私たちも楽しく演奏できましたよ!

みなさんと一緒に美味しいお昼もご馳走になり、とても楽しいひと時でした。

次回は9月、再度さざんかの会にお邪魔することになっています。
参加される地区が変わるとのことで、ブレーメンとは初めましてのみなさんと出会えるのを楽しみにしています!



【本日のセットリスト】
1.たなばたさま
2.星に願いを
3.蘇州夜曲
4.見上げてごらん夜の星を
(休憩)
5.あの素晴らしい愛をもう一度
6.時の流れに身をまかせ
7.川の流れのように
8.また逢う日まで
9.ふるさと
10.また逢う日まで(アンコール)

【7月7日 練習日記】




さーさーのーはーさーらさらー(´∀`*)

twitterでも書きましたが、今日が七夕ですと言われてもいまいちピンとこないのは、宮城県人あるあるでしょうか?


今日のブレーメンは先週に引き続き、今夏のイベント出演用の曲を練習していました。

先週からまた一歩進んだ感じで、ちょっと安心しましたね。

次回は特別ゲスト(?)をお迎えしての練習です。
楽しみですね!頑張りましょう!


さて。
出会いがあれば別れもある。

急に何を言い出すのかと思ったかもしれませんが、今日の写真にもしっかり写っている初代ブレーメン号が引退することになりました。

ブレーメンに初めてパーカッション奏者が加入して、楽器の運搬をどうしようか悩んでいたところに、たまたまやって来たブレーメン号。


その時からいつ壊れてもおかしくない状態でしたが、ついにお別れの時が来ました。

あまり車に興味がない代表は大して思入れもないだろうと思いきや、さすがにブレーメンの思い出がたくさん詰まっているので少し寂しいですね。


これからは2代目ブレーメン号に頑張ってもらって、たくさんの思い出を作っていきたいものです。


さようなら、初代ブレーメン号
ありがとう、初代ブレーメン号